Top / 水素水について

水素水が手軽に

水とともに生きている 人間

日本人は水の味がわかる国民と言われており、
水の良さや大切さを一番よく知っているとされています。

体内の水分のうち、約70%は細胞内に含まれています。
残りの約30%は細胞外、つまり組織液や血液に含まれています。
人間の体は約60兆個の細胞でできており、その一つ一つの中にたんぱく質,核酸、カリウムイオン、塩素イオンなどが水に溶けた状態で存在します。

細胞組織のうち、約85%もの割合を水分が占めているのです。

体から出て行く水分量と、取り入れる水分量は2.5リットルずつですが、体内で使われる水分量はこれだけではありません。

生命維持にはなんと一日180Lもの水分が使われています。

体内を循環する水は腎臓で老廃物をこして、再びキレイな水になり、体中をめぐります。こうして腎臓で再生を繰り返しながら、一日180Lもの水を体内で使用しているのです。

加齢に伴い、血流が阻害され、脳梗塞などさまざまな病気が発生しやすくなります。体は水分を取り入れることで血液流れを保っています。水を飲むことで血液がよくなり、血液の循環がよくなるので高血圧などの防止役立ちます。

水の効果はなんといっても新陳代謝を活発にすることです。

体の老廃物を外へ排出してくれ、細胞も活発に働き出します。
それによりリズムが整うため、さまざまな病気にもかかりにくくなるのです。
生命維持に必要な水分量を補うためにも、水を飲用することは重要なのです。

代謝がよくなれば、エネルギーも燃焼しやすくなり、太りにくく、新しい細胞が次々を生まれ自然と肌も潤ってきます。
ぜひ、水の効果をご理解ください。

水素の疑問 いろいろ

水素とは
・水素は1776年フランスの科学者ラボアジェにより発見されました。
・水素の原子番号は1で、英語名Hydrogenの頭文字をとり「H」が原子記号です。
・物質の中で最も小さい物質で、無色無臭の気体、軽く、ガス密度が極小なため、
 漏れやすいという性質をもっています。

水素自体は人体に無害で、燃焼した気体は水になり、中毒などの心配もありません。

水素はどのように測定するのか
・現在、水素水の溶存濃度規定及び測定方法はJIS規格にはありません。
 そのため水素水の濃度、水素水の良否がいろいろな問題となっている一因です。
・溶存水素計による測定、ガスクロマトグラフィによる測定があります。
 物理的に見て、測定方法それぞれの値が出ているということは、間違いなく水素分子が
 その溶液の中に存在しているということです。

水素水の選定(手軽さの観点から)
・市場には様々な水素水が販売されています。
 色々な考え方がありますが、要は、手軽に飲める水素水はどれかということになります。
・水素水の製造方法による違いがあり、また、もっとも気化消滅しやすい分子であるため、
 密閉した容器に詰められているためパッケージに費用が掛かっているものも見られます。

水素水のすすめ

活性水素水の効果 水素水が健康・美容に良いといわれる理由

水素はすぐれた抗酸化作用があります。

病気でなくても体が老化するのは、活性酸素による酸化が原因です。
水素水に含まれる水素は、活性酸素をキャッチし、体外に排出してくれます。
水素は活性酸素と反応して通常の水に変えます。

水素の優れている点は、
①体内の「活性酸素」だけを無効化できる抗酸化物質です。
②最も小さい分子であり、細胞の隅々までいきわたります。

水素水を飲むと
①からだの中に水素が入ります。
②活性水素が、体内の活性酸素をキャッチ!
③排尿などで対外に老廃物、活性酸素を排出します。

活性酸素中和

活性水素の効能
活性水素の効果-1:体に悪いとされている「活性酸素」を除去
活性水素の効果-2:アンチエイジングの効果 水素による酸化防止
活性水素は体の中の細胞内を自由に動く=活性水素水を飲むだけで水素が体中にいきわたる

・大リーガー等のアスリートも愛飲している
・スポーツで発生しやすい活性酸素を減少させる効果
・疲労減少や体調維持に活用中

活性水素水は若返り効果が期待できるとして化粧水にも応用されている

・さまざまな医療分野での適用例がある
 糖尿病、動脈硬化、肝臓障害、腎臓機能回復など・・・